日本で唯一ジプシーの血を受け継ぐフラメンコダンサー. 
 
ANTONIO HERNÁNDEZ KOBAYASHI
アントニオ・エルナンデス・小林
 
1988年スペイン・マドリッドのジプシーの血を受け継ぐ家系に誕生.
スペイン国立バレエ団専属のフラメンコの歌い手・JuanJosé Hernández Romeroを父、 フラメンコの踊り手・小林弘子を母として幼少より両親の影響を多大に受けて育つ.
両親の影響でフラメンコに興味を持ち始め、17歳で本格的にフラメンコを始める.
20歳で初舞台を踏み、ショーなどの舞台等に出演しながらフラメンコダンサーとしての経験・知識を積む.
その後、2009年よりフラメンコスタジオCARMELAにて講師を務める.
これまで、「All About」・「ケイコとマナブ」にイケメン講師として掲載され、
2012年にはTBSの「知っとこ!」にTV出演する.
同年、ANIF(日本フラメンコ協会)主催の日本フラメンコ協会新人公演のコンクールに出場し岡田昌己氏(日本フラメンコ協会最高顧問)からスカウトを受け、
2013年、財団法人松山バレエ団制定芸術賞が贈られた「岡田昌己スペイン舞踊50周年記念公演」に出演する.
また、洋画家・築山洋子氏(国画会準会員)の作品展とのコラボレーションコンサートにカンツォーネ、ファドと共演.
2014年、自身初となるフラメンコショーを3回に渡り企画・出演する.
2015年5月、「Group of Flamenco ESTILO PROPIO」を結成し、ライブ・舞台等で活動を開始する.
7月、また日本橋三越劇場にて「T&N」企画のコンサートに、オペラなどの他ジャンルのアーティスト達と共演しトリを務める.
9月、8年連続ミシュラン一つ星を獲得し格式のあるレストランとして有名な「小笠原伯爵邸」主催のディナーショー、「もう一つの・・・スペインナイト'15」に出演.
12月、「The Place of Tokyo」にてフラメンコショーに出演.
2016年、「Group of Flamenco ESTILO PROPIO」のライブを銀座にて2月と10月の2回に渡り企画・出演し、大好評の中グループのリーダーとして成功を収める.
その他にも、ライブを3回に渡り自身が企画・出演し満席の中、大好評を受ける. 6月、お笑い芸人「ねづっち」と共演しTV出演する.
2017年6月、群馬「エル・ヴィエント」にてフラメンコスペシャルライブ「男祭」に出演.
7月、一般社団法人日本フラメンコ協会後援の「フラメンコ・シティオ夏祭り2017」にスペシャルゲストとして出演.
9月、フラメンココミュニティーペーパー「FARRUCA(ファルーカ)」に自身のフラメンコ教室が掲載される.
10月、自身が振り付け・構成・演出する「小林アントニオ東京フラメンコアカデミー」の第1回目の発表会を浅草ミレニアムホールにて開催.
また、奥多摩にて「山のふるさと村・東京国際交流音楽祭」に出演.
その他にもライブ・舞台等に多数出演し、 講師・振付家としても活躍する. 
小林アントニオ東京フラメンコアカデミー主宰.